ソプラノ脱毛とトレチノインとビタミンCで美しく

トレチノイン治療は、シミなどの色素沈着にも、ニキビにも、毛穴の開きにも効果があります。
アメリカでは、昔からトレチノインがニキビ治療に使われていましたが、最近では、日本でもトレチノイン治療の人気が高まっています。
トレチノインと同じく、ビタミンCも美白に効果があり、ビタミンC誘導体を使ったローションマスクや化粧品は、ドラッグストアやネットショップでよく売れています。
美白とニキビ治療では、トレチノインとビタミンCが活躍していますが、ムダ毛の処理では、ソプラノアイスが活躍しています。
ソプラノ脱毛とは、ソプラノアイスという蓄熱式のダイオードレーザーを使った脱毛のことです。
ソプラノ脱毛では、これまでの医療レーザーと違い、毛包が的となるので、出力が低い状態で少しずつ毛包を破壊していきます。
そのため、ほとんど痛みを感じないのです。
これまでの医療レーザーでは、日焼けした肌の脱毛はできませんでした。
肌が黒い人には、やけどのリスクがあったのです。
しかし、ソプラノ脱毛であれば、日焼けした肌であっても脱毛することが可能で、これまでは難しいとされていた細い毛や産毛も、きれいに脱毛することができます。
また、強力な冷却装置があるため、皮膚を冷却しながら施術を行うことができ、オールスキンタイプで安全な脱毛を行うことができます。
ソプラノ脱毛は、1ヶ月から2ヶ月ごとに、6回から8回行うことが多いのですが、必要になる回数は、施術を受ける人によって違ってきます。
施術後は、日焼け止めを塗って、紫外線の刺激から肌を守るようにすることが大事です。
ソプラノ脱毛の施術に不安があるという人は、無料カウンセリングを受けて医師の意見を参考にするといいでしょう。